県北情報

栃木県の県北のハイキングスポット①

栃木県の県北には、藤和那須リゾートハイランドパークとか、りんどう湖ファミリー牧場、那須動物王国等、有名なテーマパークがありますが、そちらは後で紹介するとして、折角の自然の中に移住してくるなら、自然のレジャーを楽しみませんか?

自然のレジャーは、やはり登山やハイキングです。健康的にもいいですし、綺麗な空気と自然からのパワーを体一杯に浴びて、ストレス等も吹っ飛んでしまいますよ!

茶臼岳

栃木県の県北と言えば、那須山の茶臼岳です。標高1,915mで山頂には活火山口があり、噴煙を見ることができます。
東北自動車道の那須ICを降りて那須街道をどこまでも登っていくと、ロープウェイの駅にたどり着きます。このロープウェイに乗って、降りるとそこから茶臼岳登山ができます。

ロープウェイを降りると、最初は勾配はきつくないのですが、後半は岩場の所が結構きついです。
山頂には鳥居があって到着したのがわかります。山頂からの眺めはとても綺麗で、広い関東地方を一望できます。
その他、ひょうたん池や姥ヶ池が見ることができます。

ここから10分ほど、山の裏側に回る道を歩くと、活火山のお鉢を見ることができます。硫黄が沢山出てるので、あまり吸い込まないよう気を付けてください。

余裕があったら、ひょうたん池や姥ヶ池にいってみましょう。池に映る茶臼岳の写真が取れればラッキーですよ。

春や夏もとても気分がいいのですが、やっぱ秋の登山が紅葉が綺麗でおすすめです。

竜化の滝

栃木県那須塩原温泉郷には沢山の滝があります。その中でも「竜化の滝」は最大の滝の一つです。
全長は130mで、3段になっていて、竜が天を目掛けて登ってるように見えるので「竜化の滝」と言われてます。

この「竜化の滝」まで行くのが結構険しくて、とてもいい運動になるんです。また見どころも沢山あって感動もします。
そして疲れた後に「竜化の滝」を見ることができて、達成感があっていいんですよね。

東北自動車道「西那須野塩原IC」を車で降りて国道400号を塩原方面に進みます。しばらくいくと山を登る道になります。ここは国道400号ですが、通称「塩原バレーライン」と言われいて、温泉街まで抜けられます。その途中に「竜化の滝」の看板があり駐車場があります。道中が結構あるので、公衆トイレで用をたしましょう。

「竜化の滝入り口」から山道を歩いていくと、与謝野晶子の歌碑があり、とても歴史を感じます。
その後すぐに、下を見ると、箒川の「布滝(ぬのたき)」が見ることができます。水量が多い春や夏などは、自然のパワーを凄く感じます。

登り降りを繰り返し進んでいくと、渓流道にはいります。ここの渓谷は美しくてとても癒されます。
そして、「竜化の橋」を渡ると、火山の噴火により形成された、「柱状節理」の荒々しい岩肌がむき出しになっています。この辺一体の岩は「材木岩」と名付けられ、1968年に那須塩原市の天然記念物に指定されています。

「材木岩」を過ぎると、滝が見えてきます。この滝は「風挙の滝」と言って、結構近くで見ることが出来るので人気があるそうです。

その先にいよいよ本命の「竜化の滝」を見ることができます。この滝はパワースポットでもあるため、マイナスイオンを沢山浴びることができます。観瀑台から滝まで結構近いので、しぶきが飛んできます。カメラやスマホで撮影する時に気を付けてくださいね。

 

今回は上記の2つをご紹介しましたが、まだまだ自然と戯れるスポットがまだまだあります。
それは後々ご紹介しますね。

-県北情報

© 2021 栃木県の県北に移住しよう